〜キャラ紹介〜


GM :   DX突発セッションAtonement For one's sin〜贖罪〜を、はじめたいと思いまーす。初GMですのでいろいろと不手際があると思いますが、よろしくお願いしまーす
PC2 : よろしくお願いします
PC1 : お願いしまーす
PC3 : みなさんおよろしくお願いしますです♪
PC4 : よろしくぅ♪w
GM :  よろしくでーす
GM : それでは自己紹介をお願いします。あ、セッションが崩壊するような事にならない限りはリプレイにする予定なのでよろしくお願いしますw
GM : じゃあ、PC1から順番にどぞー
PC1→山田誠二(以下誠二) : 山田誠二だ。みんなからは親しみを込めて山田って呼ばれてる。 シンドロームはサラマンダー/ハヌマーン。イリーガルってやつだ。 家族構成は姉と弟。姉はフリーターで弟は小学生。俺は高校生で土日はバイトしてる。 _
GM : じゃあ、次PC2〜
PC2→結崎小桃(以下小桃) : はい、10歳の小学生、結崎小桃です UGNの施設で素体やってました。
GM : やってましたって・・・w
小桃 : でも、大暴走おこして、破棄されそーになったところを霧谷さんに助けられて以来、 霧谷さんに恩返しするために前線で戦って、今にいたります。 シンドロームはオルクス/バロール 家族は居ません おわり。
GM : じゃあPC3〜
PC3→御影和也(以下和也) : 名前は 御影 和也 17歳 の高校生イリーガルだ。 ノイマン・ソラリスで支援中心に活躍する・・・らしい〈汗
GM : なぜに不安げw
和也 : 親父に殺されてオーヴァードに目覚めました。その親父は現在蒸発中w 幼馴染の山吹桜が今のところ心のオアシスです(ぉ
和也 : そんなところーw
GM : そして振られる、と  ←ひどい
GM : うい。じゃあ、とりのPC4〜
PC4 : はーい
PC4→折原光(以下光) : 折原光、10歳の小学生、帰国子女だよ♪
GM : 普通の子供だーw
和也 : 小学生2人ですぞ。山田君どうするかな?w
誠二 : ふつうの10歳は「だよ♪」なんて…
: お父さんは「がいこうかん」で、ずっと海外にいて年に何回も会えません
GM : しかも女の子が小学生。男は高校生wきれいに分かれたなぁw
誠二 : どうしますか御影君。 年の差カプール×2嫌すぎる…
和也 : ・・・・・・まぁ、おませな子もねw
GM : 誠二君。君はシナリオロイスのヒロインがいるじゃないかw
: ずっとお母さんと二人で暮らしてたのw シンドロームはエンジェルハイロゥ・バロール
和也 : というかゲーム中はきっと、まともなキャラですから和也(ぉ

それは叶わぬ願いであった。詳しくはリプレイ中に分かります

誠二 : きっと…
: というか、誰も聞いてないね♪w
和也 : パパになってやろうか?(ぇ

自分でまともなキャラですから、と言った直後にこれである。そしてロイスの山吹桜はどうした……

GM : 私聞いてるよぅw
和也 : 聞いてますよw
GM : 人妻になにをするきだ・・
: 草加空(クウ)って噂好きの友達(悪友)がいますw
和也 : そんな危険なキャラ・・・・・・いいかもしれない〈汗
小桃 : うちのキャラ、女の子ラヴですが(マテ)
GM : 小桃女の子でしょ!?w
小桃 : 詳しくは、むつねさに聞いてくれ、このキャラNWでだしたNPCなんで
誠二 : と○よちゃん?
GM : 懐かしいなw

GM : じゃあ、PC間ロイスお願いしまーす
和也 : じゃあ光さんのおかーさんとロイスを(ぉ
GM : 順番はまあ、妥当に1→2→3→4→1で
誠二 : はーい 2d100 --> (22,62) = 84
GM : 微妙に取れそうにない間柄もいる気がするけど、理由付けふぁいとーw

素敵に無責任なGMである

誠二 : ○慈愛/隔意 まあこんなもんでしょう。小桃さん
誠二 : UGNで仕事した仲かな
GM : 小桃はチルドレンだしね
小桃 : だね
GM : ではお次どーぞぃ
誠二 : 小桃から御影?
GM : だね
小桃 : こっちも一緒に仕事した仲かな
和也 : そうらしいw
GM : イリーガルとチルドレンだしねー 問題は4と3の間だwどうやって知り合ったんだろう・・w
誠二 : 家がお隣さんとか
: 1d100 --> (16) = 16 1d100 --> (48) = 48
GM : まあ、適当にw
小桃 : まあ、好意○/無関心で・・ネガおもいつかねー
: ・・・連帯感と憐憫?w     ←ダイスの結果
GM : ほい
誠二 : イリーガル同士で知ってても。 憐憫って俺!?
GM : の、ようですな。光がふってるからw
誠二 : まあ生活苦しいから。
和也 : 振っていいですか?〈汗
誠二 : 両親死んでるし収入源は定職ついてないし。
GM : あ、振ってくださいな>和也
和也 : はーい  2d100 --> (57,9) = 66
GM : 庇護と脅威?w
和也 : 光(のお母さん)を守ってあげたい
GM : おやかよっ!w
和也 : が、少女の幼さに脅威も感じてるってところで
GM : まて、それはいいが、表の感情のほうの透けて見えた本心は!?w
: をーいw
誠二 : 御影「やばい、やばいよ、俺、萌えそうだよ」←脅威

むしろそれは光にとっての脅威である

: というか、私へのロイスじゃないよねそれw
小桃 : 重力で潰しときます?彼
GM : まあ、ストーリー内もそうだったらノリに任せてどうぞw
和也 : 幼さの脅威って、その年齢での実力に決ってるだろうw
GM : ああ、そうともとれるねw
誠二 : (萌えパワー)←実力
GM : おいw
和也 : そんなところまで落ちてはいないぞw
GM : その前までは落ちているのか?w
小桃 : 身の危険が・・・  ←小学生
: 身の危険が〜w  ←同じく小学生
和也 : いや、・・・・・・まぁ、落ち着こう〈何
GM : まあ、ともあれ。 はじめまーす
誠二 : はーい
和也 : すいませんどぞw
小桃 : OKでーす
 


次へ TOPへ